art.46 限界の向こう側

筋トレをしてていつも思うこと。

「あと1回はできたはず」

追い込んで追い込んで追い込んだつもりでも、終わった後にこう思ってしまう。

身体と脳(こころ?)の間にはバッファ的な要素があるのだろうか。

身体の限界の前に、脳が勝手に判断してしまう。

きっと今までにも「これはできっこない」と思ったことの多くは、やらないだけでやればできることなのだろう。

さあ、明日からも筋トレを頑張ろうか。

art.45 脱土地化

産業革命がもたらした重要な概念に「脱土地化」というものがある。

「脱土地化」を現代風に言えば「働き方改善」とでも言えばいいのだろうか。要するに働く場所を自分で決められるということである。

産業革命以前までは働く場所は、生まれた国(土地)、家柄などで制限されていた。農民として生まれたらその土地で農民として生きるしかなかったわけだ。

それが産業革命によって変わった。移民である。

それから200年余り。脱土地化は当たり前の事実となっているだろうか。

「仕事をするなら東京」なんてことを未だに言う人がいる。だからなのか日本のみならず世界中から働き手が東京に集まる。

集まるのはいいが、何もみんな揃って9時に会社に行く必要があるのだろうか。

都内の電車は誰がみてもキャパオーバーだ。輸送が目的だからと言って、人をゴミのように電車に押し込む風景は、観光客なら「アンビリーバボー」で済むが毎日それに乗らなくちゃいけない人にとってはたまったもんじゃない。

だからと言って国や社会や会社に文句を言っても何も変わらない。

どうするか?

脱土地化をすればいいのである。みんな同じ場所で働かなくてはいけないという概念をそろそろ変えてもいいのではないだろうか。200年も経ったのだから。

art.44 真似てもいい

「学ぶ」の語源は「真似る」である。

学校の勉強を思い出して欲しい。一から学ぶことはない。すでに誰かが学んだことが教科書に書かれている。それを僕らは学んでいる(真似している)。

それでいいのである。

自分で「学び」を発明する必要はない。それに、発明したくても僕らにはそんな才能も時間もお金もない。

だから最初はとことん真似る。それをやり続けると次第に自分なりのコツがつかめてくる。

これは誰しもが経験していることだと思う。勉強にしろスポーツにしろ。

そのコツを経験することが学ぶ意味なのだと個人的には思う。

さあ、今日も大手をふって学ぼうじゃないか。

art.43 猛烈に忙しくしてみる

人は時間があると考えてしまう。考えるのは悪いことではないが、考えすぎはよくないこともある。特に悪いことばかり考えてしまうのなら尚更だ。

だから考える暇もないくらい忙しくしてみる。その忙しさの中でやるべきことをやると自分にコミットする。

もうやるしかない。考えている暇はない。

そのアウトプットがあなたの道となる。

art.42 苦しみを内に閉じ込める

話せばわかる、は傲慢だ。人は優しいからこそ嘘をつくし、弱いからこそ騙される。

話さなければわからないこともあるが、話せばそこには嘘が生まれる。なぜなら言葉は入れ物だから。例え話し手が嘘をついてる意識がなくても、箱の中身は受け手が決めるもの。受け手が思っていたものと違うと思ったら、それは話し手が嘘をついたことになるのだ。

だからこそ、時には沈黙が必要だ。沈黙の最中は不安や苦しみが生まれる。人はそれを誰かと分かち合いたいとすぐに思う。一人では耐えられないと思うから。

でもそこは踏ん張る。その苦しみを内に閉じ込める。外に出したって嘘だと思われる可能性があるのだから。

苦しいのは嫌?その苦しみはあなただけのものだ。大切にすべきだと思うが違うかな?